外道(プロレス)は性格いい人?英語がうまい?結婚や年収は?本名とWiki風プロフィールも紹介!

引用:https://www.instagram.com/jaywhitenz/?hl=ja

プロ野球やJリーグなど現代の日本には

プロスポーツがいくつか存在します!

最近では卓球のプロリーグが始まったのも

記憶に新しいところですね!

その中においてプロレスもまたその人気が

再興しているのが嬉しいです!

棚橋弘至選手
内藤哲也選手
飯伏幸太選手
ケニー・オメガ選手
鈴木みのる選手

海外へ目をやれば中邑真輔選手!

女子もASUKA選手やカイリセイン選手など

スーパースターが名を連ねます!

その中でも「金の雨を降らせる男」という

異名をとる男のオカダカズチカ選手!

新日本プロレス再燃の立役者ですね!

オカダカズチカ選手の横に付いて会場を

熱狂させるマイクを放つ選手がいます!

それは新日本プロレスの外道選手です!

選手としても受け身の天才と言われており、

プロレスもかなりうまい選手ですよね!

今回は新日のキーマン外道選手について

紹介していきたいと思います!

あの風貌で意外と性格いい人
人柄優しいの?

英語上手いって本当?
給料年俸はいくら?
奥さん子どもはいるの?
どんなお嫁さん
はかわいい?息子は?

など、外道選手について見ていきましょう!

スポンサードリンク

外道のWiki風プロフィールと本名も公開

リングネーム 外道
読み方 げどう
本名 高山圭司
ニックネーム コンプリート・ファイター
生年月日 1969年2月20日
年齢 49歳
出身地 東京都武蔵村山市
身長 172cm
体重 86kg
血液型 A型
所属 新日本プロレス
プロデビュー 1989年3月19日

外道選手がプロレスラーになったきっかけは

他のレスラーと少し違っていて、

ある募集に応募したのがきっかけです!

それがたけしプロレス軍団なんですね!

通称TPGと呼ばれる団体はその名の通り、

ビートたけし氏が立ち上げたプロレス企画で

プロレス大賞を企画する東京スポーツを

媒介に新日本プロレスに殴り込みます!

標的はもちろんアントニオ猪木氏です!

対アントニオ猪木戦の秘密兵器として

用意したのがビッグバンベイダー選手!

この事件は新日本プロレスファンからの

猛抗議があって長く続かず終焉しましたが、

TPGはレスラー候補を募集しており、

そこに合格した外道選手なんです!

先述のようにTPGでの試合はあまりないため、

外道選手は他団体の立ち上げに参加します!

その団体がユニバーサルプロレスです!

ザグレートサスケ選手やTAKAみちのく選手、

スペルデルフィン選手にディック東郷選手ら、

インディーズ界のレジェンドを輩出した

この団体に外道選手は立ち上げから参加し、

リングネームを「ブルドッグ・KT」の名で

「クーリー・SZ」(後の邪道)とタッグチーム

『パニッシュ&クラッシュ』を結成するなど、

ユニバーサル崩壊後は「W☆ING」などの

団体を渡り歩いていきました!

そして先輩であるウルティモドラゴン選手の

誘いを受けて天龍源一郎氏が立ち上げた団体

「WAR」に参戦していきます!

この頃に名前を「外道」という

リングネームに改名しています!

邪道選手と数々のベルトを戴冠すると同時に

冬木弘道選手と共に「冬木軍」を結成します!

そしてなんとWWEのスーパースターであり、

現在は新日本プロレスにも参戦している、

クリスジェリコ選手も加入していました!

「冬木弘”道”」・「外”道”」・「邪”道”」と

リングネームに「道」が付くため、

クリスジェリコ選手の当時のリングネーム、

「ライオンハート」に「道」の字をつけて

「ライオン道(らいおんどう)」という名前で

活動していた時期もありました!

懐かしいですね!

WAR時代では外道選手にとっての

ビッグトピックがありました!

新日本プロレスが主催した伝説の大会、

「スーパーJカップ」ですね!

新日本プロレス以外に様々な団体から

選手を集めてトーナメントをし、

ジュニアヘビー級をもっと活性化させようと

獣神サンダーライガー選手が提唱しました!

エントリーした外道選手を初めて見た

新日本プロレスのファンからは当時、

奇抜な名前とスタイルでイロモノ扱いと

されていましたけど試合が始まると一変!

確かなレスリングテクニックとセンスで

会場を魅了していきました!

なんと初出場でベスト4の成績を残します!

さらに翌年行われた第2回大会では決勝進出!

獣神サンダーライガー選手との決勝戦には

残念ながら敗れはしたものの、

大きな意味の残る準優勝でした!

その後WARを退団した外道選手はFMW

大日本プロレスなどのインディーズに参戦!

邪道選手とのタッグはもちろんですが、

現在はZERO-1所属の田中将斗選手と、

女子プロレスラーの中山香里選手らと共に

「コンプリートプレイヤーズ」を結成します!

外道選手は類稀なレスリングセンスと

巧みなタッグワークによってFMWの後半に

カリスマユニットとして君臨しました!

2000年代以降は新日本プロレスに参戦し、

インディーズ団体から来た外敵として

新日本Jrヘビー界を席巻していきます!

獣神サンダーライガー選手や稔選手、

金本浩二選手ら新日Jr.の最強選手を

片っ端から倒していく外道選手は、

至宝・IWGP Jr.タッグ王座を獲得します!

そして当時の最多防衛記録を樹立しました!

この記録は獣神サンダーライガー&金本浩二に

並びはされたものの、

田口隆祐選手&プリンス・デビット選手が

更新するまで約10年間も破られませんでした!

さらに通算防衛回数は15回も記録します!

この記録は2018年現在も破られていません!

外道選手の試合は常に期待度が高かったです!

まずはその入場テーマ曲

現在の曲が『Whassup Dawg?』ですね!

引用:https://www.youtube.com/watch?v=Ts8vXHKrJFc&t=5s

特筆すべきは鍛え上げられた肉体です!

筋肉から繰り出される技の多彩さは別格で

メキメキと頭角を現していきます!

外道選手の必殺技と言えば高い飛翔から

繰り出すダイビングボディプレス、

「スーパーフライ」が有名でしょうね!

形はフロッグスプラッシュです!

そして相手の隙をつく「外道クラッチ」

キャメルクラッチの体勢から相手を反らして

そのまま前方に相手を転がせるように移動し、

首を下に押し込む体勢にする固め技です!

外道選手の得意技はフォロワーが多く、

様々な選手が使うようになりました!

その後ヒールユニットで活動していく中、

外道選手にとってターニングポイント

となるユニットを結成します!

それは「C.T.U」というヒールユニット!

獣神サンダーライガー選手も参加して

話題を呼びましたよね!

つまりヒールとはいえ新日本プロレスの

「マジョリティ」になったわけです!

以降はヒール/ベビーフェイスに関係なく

新日本プロレスのバイプレイヤーとして

参戦するようになります!

そして外道選手のキャリアで最も特筆すべき

オカダカズチカ選手とのコンビ結成です!

2012年に海外遠征から凱旋帰国して復帰した

オカダカズチカ選手は「レインメーカー」

という大それた異名を引っ提げて

新日本プロレスに参戦しました!

新日本プロレスの次世代のスターであり、

「金の雨を降らせる男」の横について

マイクパフォーマンスで支える外道選手!

マイクアピールの力は絶大なもので一気に

新日本プロレスのトップに君臨します!

しかし約7年にわたるケイオスのコンビも、

外道選手の裏切りにより決別しました!

常にプロレス界に「話題の雨を降らせる男」

としてこれからも目が離せません!

スポンサードリンク

外道の英語力は?プロレスと同じレベルでうまい?

メキシコを始め様々な外国の団体に

参戦してきた外道選手!

外道選手が話す英語レベルはいったい

どの程度のものなのでしょうか?

プロレスラーは試合中に英語を

発することが多々あります!

「シット!」などの悔しがる言葉や、

放送できないスラングもありますね!

その中で「アイスクリーム!」と

叫んでいる選手がたまにいます!

相手に技をかけている時にレフェリーに

対して言っているのをよく見ます!

「アイスクリームってなんだ?急に食べたくなってきたのかな?」

と思ってよーく聞いていると、

「アスク!ヒム!」と言っていました!

これは関節技をかけているので相手が

ギブアップかどうか聞いてくれという、

「Ask him=彼に聞け」という言葉でした!

このように海外経験のある選手は特に、

試合中の言葉が英語になっています!

さあ外道選手の英語力はどうでしょうか?

最近の動向としてジェイホワイト選手との

会話が多く見られそうな展開ですので、

バレットクラブに加入した外道選手の

英語力も如何なく発揮されるでしょう!

ロックバンドでも活躍している大物外国人、

クリスジェリコ選手のインタビュー記事で

「25年の付き合い」と語るように、

WAR時代から関係は良好のようですね!

プロレスの話や自分たちの未来のことまで

様々なことを語り合った関係でしょうし、

外道選手は英語でコミュニケーション

十分にとることができると思います!

今なおクリスジェリコ選手との友情関係が

続いていること何よりの証明ですね!

スポンサードリンク

外道は性格や人柄は?いい人で優しい?

プロレスラーのリング外での顔を見るのは

そんなに難しくなく会場でお目当ての選手の

物販ブースへ行けば会えることが多いです!

ヒールキャラだったりするとイメージに

合わない理由でやらないこともありますが、

大体の選手は自身の物販ブースに立って

直接接客してることが多いですね!

団体や選手にもよりますがサインに

応じたり写真を撮ってくれたりと、

至れり尽くせりな場合もあります!

もちろんグッズを買うことが大前提です!

たまにグッズも買わずにサインや写真を

撮ろうとする方がいらっしゃいます!

選手も立場上は断りづらいところです!

ここで性格の話になってくるんですけど、

そういう無礼者の要請をキッチリ断ったら

「性格悪い」

などとネット上で言う方がいます!

選手名と「性格」で検索したときに情報が

錯綜しているのはそういう理由なんですね!

グッズを買って応援の気持ちを伝えたら、

選手だってその気持ちに応えてくれます!

多少のコミュ力の差はありますが(笑)

外道選手は昔からお酒も飲まずリングを

降りれば常識人だと言われています!

あれだけのヒールをやりながらどこか

インテリジェンスを感じるのは、

心の奥底にある品格が出てるからでしょう!

以前『ウチのガヤがすみません!』という

日本テレビが放送の深夜バラエティ番組に

出演した回がありましたよね!

オカダカズチカ選手と矢野通選手の3人で

出演した外道選手でしたが、

いい人感が滲み出ていました!

たぶん人柄も良くて優しいと思います!

スポンサードリンク

外道(げどう)の年収や収入は?

プロレス界のタブーは色々ありますが、

一つに年収の公開があります!

プロ野球選手やプロサッカー選手は年棒

公開したり推定できたりしますけど、

プロレスラーは情報を公開していません!

暴露本やテレビで昔のファイトマネーを

発言している選手もいますが、

現役の選手で口外する選手はいません!

格闘技の選手の給料ファイトマネー

グッズの売り上げがメインとなっています!

タレント活動もしていればギャラもあり、

活動の幅が広がれば収入も増えますね!

外道選手はテレビにあまり出演しないので

ファイトマネーとグッズの売り上げが

メインではないかと考えられますね!

新日本プロレスのグッズ売り上げは、

2018年現在ロスインゴが1位です!

CHAOSもそこそこですが外道選手個人の

グッズ売上がいいとはあまり聞きません!

また外道選手は最近ではほとんど試合には

出場していませんのでファイトマネーも

ほとんど払われていないと思います!

ということは給料0!?

いくらなんでもそれはないでしょうし

新日本プロレスに参加している方々は

なんかしらの役割があります!

元新日本の井上亘氏は現役を退いた後、

新日本プロレス広報部へ就職しています!

ミラノコレクションAT氏も引退後は

中継の解説などをしておられます!

外道選手は引退を表明していませんし、

たまに試合にも出場しています!

では外道選手の役割とはなんでしょうか?

それは「ブッカー」と呼ばれる役割です!

詳細は別記事で解説しますが簡単に言うと

選手のオファーやマッチメーク役の人です!

つまり「現場監督」と呼ばれる役割を

担っていると言われています!

ただ外道選手がブッカーであることは

基本的に公表していないのですが、

海外メディアでは「外道選手=ブッカー」と

普通に報じられていますね!

ブッカーの平均月収はわかりませんが、

レスラーと同じくらい重要な役割ですので

現役時代に稼いでいた収入と同じくらいは

得られていると思いますけどね!

スポンサードリンク

外道の結婚や彼女は?嫁や子供はいる?

新日本で猛威を振るっている外道選手、

気になるプライベートはどうでしょうか?

外道選手はすでに結婚していて、

子供も2人いるそうです!

公表はしていませんが結婚した相手は

美しい奥さんだという情報もあります!

外道選手は風貌やヒールキャラとは裏腹に

お酒も飲まず礼儀も正しい常識人です!

家族には「金の雨」はもちろんですが、

「愛の雨」を降らせてほしいですね!

スポンサードリンク

外道(プロレス)まとめ

これまで見てきた外道選手をまとめると、

・ビートたけし氏が立ち上げた、「たけしプロレス軍団」に合格することからプロレス人生が始まった!
・その後、インディーズ界でなくてはならない存在となり、邪道選手と共に、様々な団体でその頭角を現していく!
・新日本プロレスに参戦すると、タッグ王座の防衛記録を樹立!獣神サンダーライガー選手とユニットを組むなど、ひーるでありながら新日本の本流となった!
・オカダカズチカ選手とのコンビで一大政権を作る!最近になって裏切るも、これからの動向に目が離せない!

外道選手と邪道選手は一心同体です!

お互いを「兄弟」と呼び合う仲!

もう50歳を目前にしている2人ですので

昔のようにバンバン試合に出場して

チャンピオンシップに絡むということは

あまりできません!

しかし邪道選手が謎のマスクマン、

「キャプテンノア」としてNOAHに

参戦していました!

外道選手はオカダカズチカ選手との

コンビで新日本の試合に出場!

この頃から邪道外道タッグはもう解消して

見られないのかなとも思いました!

過去を遡れば団体を離れるときも常に一緒で

外道選手だけが団体に誘われたときも、

「兄弟と一緒でなければ話はできない」

突っぱねたこともありました!

そんな2人だったからこそ試合では

見られないかもしれないけど、

ユニットでの動きやストーリーでは常に

一緒でいてほしい気持ちがありました!

ところが最近では外道選手の”裏切り”があり、

そしてバレットクラブ入りを果たします!

そこに邪道選手も加わっていました!

オカダカズチカ選手のファンはこの展開に

衝撃を覚えたと思います!

ただ邪道外道コンビがまだ続くことに

喜びが強い方もいますよね!

これから「兄弟」たちは新日本プロレスに

「どんな雨を降らせる」のでしょうか?

※外道選手については以下の記事でも紹介しています

※邪道選手については以下の記事で紹介しています