ドラゴンゲートCIMAは嫁と離婚?今は引退?退団&分裂の現在は?入場曲もWiki風に紹介! 

引用:https://twitter.com/supercima1115

新日本プロレスの人気が止まらない昨今。

内藤哲也選手やオカダカズチカ選手、

ケニー・オメガ選手らを目当てに会場には

多くの女性が「推し」のユニットや選手の

オリジナルTシャツを着てタオルを持ち、

熱狂的に応援しています。

中にはプロ仕様の一眼レフを持参し、

目の前の激しい戦いを撮影してTwitterや

インスタグラムに投稿する女性たちも

大勢いらっしゃいますね!

そして入場テーマがなるやアイドルも

顔負けの声援が会場を包みます。

しかし近年の新日本プロレスブーム以前から

会場の女性の割合が高い団体がありました。

その団体は関西を拠点に活動している、

「DRAGON GATE(ドラゴンゲート)」

アントニオ猪木氏や藤波辰彌選手のような

黒のパンツやシューズを履いた選手ではなく

長州力選手や天龍源一郎氏のような体格が

アンコ型の選手もいません。

ドラゲーの選手たちはバンドマンのような

ビジュアルやEXILEのメンバーかのような

容姿でイケメンが多いんです!

そして衣装も原宿や表参道とかを歩いても

おかしくない程センシティブですね!

しかしチャラチャラしているレスラーかと

思いきやひとたびゴングが鳴ると、

激しいぶつかり合いとスピーディな展開、

そして華麗な空中戦が繰り広げられます!

かと思えば試合後のマイクでは大阪名物の

ボケ・ツッコミながらの舌戦も見れますね!

もはやお笑い芸人顔負けの漫才のような

パフォーマンスに観客も大喜びです!

エンターテイメントとして完成された団体の

創成期からエースとして君臨する選手、

それがCIMA(シーマ)選手ですよね!

今回はそんな新日本プロレスとも違う、

WWEとも一線を画したエンタメと戦いを

見せてくれるCIMA選手の人物像ついて

紹介していきたいと思います。

あのかっこいい入場テーマ曲は?
今は退団して引退っていう噂は?
現在は結婚して奥さんはいるの?
どんな
彼女子供は?

CIMA選手をより深く見ていきましょう!

CIMA(シーマ)のWiki風プロフィール

引用:https://ameblo.jp/bigcima

リングネーム CIMA
読み方 シーマ
本名 大島 伸彦
ニックネーム リングに咲いた悪の華
生年月日 1977年11月15日
年齢 41歳
出身地 大阪府堺市北区
身長 174cm
体重 82kg
血液型 O型
所属 DRAGON GATE
OWE(中国・上海)
プロデビュー 1997年5月11日

CIMA選手は中学生の頃に地元の体育館に

ユニバーサルプロレスの興行が来た際、

お兄さんと観戦していました。

CIMA選手は3人兄弟の末っ子なんですよ!

その時に見たウルティモドラゴン選手の

試合を見てプロレスラーを志します。

多くのプロレスラーがレスリングや柔道、

野球やサッカーにラグビーにアメフトなどの

運動部での経験がある中でCIMA選手は

特にスポーツのバックボーンがなく、

トレーニングで作った体と言われています。

一応野球と陸上は少し経験あるようですが。

そしてプロレスラーになるための研究をして

高校をさぼる勢いでアルバイトを頑張り、

費用を溜めて単身メキシコへ渡ります!

なんたるバイタリティでしょう!

CIMA選手の行動力は学生時代からすでに

培われていたんですね。

メキシコではレジェンド覆面レスラーの

ドス・カラス選手に指導を受けます。

しかしまだ若かったCIMA選手は一人での

メキシコ生活に耐えられず帰国します。

それでもプロレスラーになる目標や夢が

途絶えなかったらしいですね。

そんなCIMA選手に吉報が入ります!

ウルティモドラゴン選手が主催するジム、

「闘龍門」が道場生を募集します。

「闘龍門」は後の「闘龍門JAPAN」であり、

そして「ドラゴンゲート」です。

ウルティモドラゴン選手が「闘龍門」を

立ち上げた理由はマグナムTOKYO選手が

サラリーマン時代に弟子入りの志願を

したのがきっかけとのこと。

WARに参戦中のウルティモドラゴン選手。

サラリーマン時代のマグナムTOKYO選手も

勝手にWARに入り込んで弟子入りを

志願し続けたらしいです。

このときにマグナムTOKYO選手のしつこさが

無ければドラゴンゲートも無いはずですよね。

さすがはマグナムTOKYO選手!

話は戻りますが、

憧れのウルティモドラゴン選手の下で

プロレスの修業が出来るということで、

迷うことなく応募したCIMA選手。

同期にはマグナムTOKYO選手以外に、

ドンフジイ選手やSUWA選手がいました。

元々はFMWでレフェリーをやっていた

ドラゴンキッド選手も一期生ですね。

道場生全員でメキシコに渡ってメキシコの

マットで4人ともデビューします。

デビュー時のリングネームは本名を名乗り、

後に「シーマ・ノブナガ」という名前に

改名して活動しました。

ウルティモドラゴン選手のツテでWCWの

ダークマッチ等に出場して経験値を積む中で

CIMA選手・SUWA選手・ドンフジイ選手の

3人で後の伝説的なカリスマユニットである、

CRAZY-MAXを結成しました!

そして日本に逆上陸したCRAZY-MAXは、

みちのくプロレスへ参戦します。

当時は団体内の抗争の末にヒールへ転向した

ザ・グレート・サスケ選手と共に、

SASUKE組を結成してみちのくプロレスを

狂乱の渦へと誘っていきました。

その後は闘龍門門下生も増えていき、

団体として「闘龍門JAPAN」を設立。

そしてついに1999.1.31後楽園ホールで

旗揚げ戦を行いました。

今ではドラゴンゲート内でベテランの

位置にいる堀口元気選手と神田裕之選手の

シングルマッチから始まった旗揚げ戦。

本場メキシコのルチャ・リブレを模して、

パートナーとタッチすることなく試合の

権利を自由に移動する方式の闘龍門JAPAN。

加えてビジュアル系バンドのような化粧を

施したCIMA選手をはじめとして日本の

プロレス界には今までいなかったタイプの

イケメンレスラーがとてもスピーディで

激しい試合を繰り広げていく試合展開は

特に女性ファンが多く付きました。

CIMA選手だけでなく全ての所属選手の

キャラクターや個性が際立っており、

強さだけでなくバラエティ性も兼ね備えた

新感覚で新鮮なプロレス団体として、

インディーズ界で躍進していきました。

「闘龍門」内のプロレス興行部門という

位置づけの闘龍門JAPANは2004年に独立。

例えるならウルティモドラゴン校長からの

卒業を宣言したようなものですね。

ウルティモドラゴン選手がWWEへの参戦を

きっかけに現役復帰へと繋がります。

そして生徒たちがより発展をするための、

互いに前を向いた「卒業」でした。

そして今なお続く「ドラゴンゲート」が

設立される流れとなったんですよね。

闘龍門JAPANの選手のほとんどが移籍し、

団体内のユニット抗争の図式はこれを機に

激しく変動していきます。

しかしCIMA選手は時代の流れ、若手の台頭、

盛者必衰といった激動のプロレス界の中で、

常にエースとして存在していました。

ドラゴンゲートが設けている王座は団体の

至宝であるドリームゲート王座

82kg以下の選手がハイスピードマッチで

争う印象が強いブレイブゲート王座

そしてタッグ王座であるツインゲート

6人タッグであるトライアングルゲート

さらにドラゴンゲートのお家芸ともいえる

お笑いに特化したオープンザお笑いゲート

という王座もあります。

CIMA選手は上記全てのタイトルを獲得した

団体初のリアルグランドスラム達成者です!

シリアスでバチバチな試合もお客さんを

笑わせることにも誰にも負けない最高の

レスラーがCIMA選手なのです!

スポンサードリンク

CIMA(シーマ)の必殺技や入場曲は?

CIMA選手の入場テーマ曲と言えば

「Me GUSTA COLA」ですよね!

CIMA選手らしいアガるテーマ曲ですね!

上記のテーマ曲に乗せて入場してきた

CIMA選手の試合は数々の名勝負を生み、

タイトルマッチのようなビッグマッチを

「作品」と呼ばれているそうです。

それくらいのこだわりを持つCIMA選手が

繰り出す技の大きな特徴は、

「今まで見たことない技」

DDTや逆エビ固めというベーシックな技も

ひねりが加わったりクラッチの仕方が

独特だったりと「オリジナリティ」に

こだわるCIMA選手。

その中でもCIMA選手の必殺技であり

フェイバリットムーブといえば、

シュバインが挙げられます!

引用:http://sjw2.fc2web.com

シュバインは闘龍門~ドラゴンゲートの

過渡期に生まれた技です。

キャリア中期のフィニッシュホールドで、

CIMA選手のスープレックス系の技では

最も使用頻度が高いA級ランクの技ですね。

そしてシュバインを威力SS級の技へと

進化させた雪崩式のシュバインが

シュバインシュタイナーですね!

過去に繰り出した数は多くなく、

チャンピオンシップなどの重要で大きな

闘いにのみ見せるCIMA選手の奥義です。

そして近年もっともフィニッシャーに

使用しているのがメテオラです。

引用:CIMAの30分一本勝負ですか?(オフィシャルブログ)

トップロープから相手の顔面へ向かって

両膝を当てていくため威力もえげつなさも

S級のフィニッシングホールド!

実際インパクトの瞬間は相手の顔面を

両膝で挟み叩きつける形になっています。

しかしメテオラを繰り出したときの、

相手の共通の行動が凄さを物語ります。

試合の終盤になって激しい試合で体力を

消耗しきっているところに、

トップロープから今まさに飛びかかって

来ようとするCIMA選手に対して、

「やめてくれ…」と言わんばかりに

手を差し出す仕草をします。

往年のリックフレアーとまでは言いませんが

メテオラがどれだけの恐怖心を与えるかが

かなり伝わってくると思います!

そして初期のCIMA選手を代表するのが、

ヴィーナスからのアイコノクラズム、

そしてマッドスプラッシュ!

相手をコーナーに乗せてアッパーカット!

そして続けざまに相手の両腕をとって

一回転させて叩きつけます!

さらに速攻でコーナーへ上って両足を

開脚させてのダイビングボディプレス!

この一連のムーブは闘龍門JAPAN時代の

CRAZY-MAXが大フィーバーしたときの

お馴染みの流れでした。

技の種類が豊富でどれもオリジナリティに

溢れた技にもう一つの特徴があります。

それは技の名前です。

CIMA選手が活躍する以前の技の名前は、

パイルドライバー(脳天くい打ち)や

パワーボムなど見た目や効果を表すもの。

あるいは長州力選手のリキラリアットや

ライガー選手のライガーボムのように

自身の名前でオリジナルにしていました。

しかしCIMA選手の技の名前はシュバインや

アイコノクラズムといったように、

意味は分かんないけどカッコいい名前!

これらはCIMA選手が好きなバンドである

「BUCK-TICK」の曲名が由来だったり、

世界遺産の名前からきていたりと様々。

おそらくマンガやアニメの必殺技のように

「かっこいい響き」に聞こえる名前を

重要視したものだと思われます。

プロレスに今まで生まれなかった要素を

持ち込んだドラゴンゲートのエース、

CIMA選手だからこそのセンスですね!

スポンサードリンク

CIMA(シーマ)に引退の噂?退団報道の行方は?

CIMA選手のキャリアの中で「引退」

二文字がよぎった瞬間がありました。

2008年に古傷の首が悪化してしまい、

試合での精彩を欠いていました。

遂には所持していた王座を返上した後に

半年間もの長期欠場が余儀なくされます。

キャリア初で唯一の長期欠場でした。

そして復帰一発目の試合は、

YAMATO選手&サイバーコング選手を相手に

獣神サンダーライガー選手とのタッグで

挑んだオープンザ・ツインゲート王座です。

しかしYAMATO選手の必殺技である

魔性のスリーパーによって失神TKO。

これ以降CIMA選手は音信不通になって

ドラゴンゲートマットだけでなく、

メディアの露出もしなくなりました。

一部報道から一連の経緯から失踪疑惑が

出るほどドラゴンゲートだけでなく、

プロレス界を震撼させました。

しかし2009年2月の音信不通状態から

約一か月後にCIMA選手の生存状況が

確認できる報道が出ました。

なんとCIMA選手はある大きな場所で

試合していました。

それはWWEスマックダウン

ダークマッチ(第0試合オンエアしない試合)に

出場していたCIMA選手の対戦レスラーは

WWE屈指のジョバーでアメプロ通には

「受け身の天才」と称されるレスラー、

ジェイミー・ノーブル選手でした。

これを受けて国内ではCIMA選手が

「もしかしてWWEに移籍するのか?」
「あるいはトライアウトなのか?」
「ドラゴンゲートを退団するのか?」

などの憶測が飛び交いました。

しかしドラゴンゲートの公式HPでも

告知されていた復帰の期日通り、

CIMA選手はドラゴンゲートマットに

帰ってきました。

WWEに出場した理由についてCIMA選手は

「世界最大のエンターテイメントを体験したかった」との

コメントを発表していましたね。

この後に戸澤陽選手がWWEへ移籍し、

鷹木信悟選手が新日本プロレスへ

移籍した流れを見ていますと、

CIMA選手の行動は体内の様々な選手に

影響を与えたのだと推測できます。

ドラゲーはガラパゴス団体としてメジャーと

インディーの丁度いい狭間にあり、

強さとエンターテイメントを独自に

進化させてきた団体です。

そんな団体でエースだったCIMA選手は、

欠場と下の世代の選手からの敗北を経験し、

より強くよりお客さんを楽しませるために

決意した行動だったんですね。

スポンサードリンク

CIMA(シーマ)も今はDRAGON GATEの社長?分裂の真相は?

引用:https://www.instagram.com/owecima.jp/?hl=ja

2018年5月7日にドラゴンゲートそして

プロレス界にとって大きな変化が起きます。

代表である岡村隆志氏が病気療養を理由に

ドラゴンゲートの代表を辞任しました。

岡村隆志氏の辞任に伴って新会社である

株式会社ドラゴンゲートエンターテイメント

を設立して代表取締役には専務取締役だった

木戸亨氏が就任しました。

そしてなんと株式会社ドラゴンゲートの

取締役社長にはCIMA選手が就任します!

さらに中国・上海の海外事業にあたり、

T-Hawk選手
エル・リンダマン選手
山村武寛選手

上記の3選手は、

株式会社ドラゴンゲートの所属として

中国・上海の団体「OWE」事業を中心に

活動することとなりました。

同時に国内での活動は不明であることも発表、

つまりドラゲーが分裂してしまったのです!

今のプロレスは国内だけでなく海外へ

発信できるエンターテイメントです。

新日本プロレスをはじめ多くの団体が

インターネット配信をスタートさせ、

マーケットを世界へ広げようとしています。

CIMA選手たちは上海を中心にアジアの

マーケットを広げようとしています。

昔のアメリカのプロレスで言うところの、

テリトリーを拡大しようとしているのです。

しかし上海での活動は日本の時のように

上手く稼働しなかったのかCIMA選手は

不明としていた国内での活動を再開します。

CIMA選手,T-Hawk選手,エルリンダマン選手と

ユニット「#STRONGHEARTS」として、

武藤敬司選手のWRESTLE-1へ参戦しました。

相変わらずのCIMA節でドラゴンゲート時代の

後輩である近藤修二選手らを挑発したり、

レッスルワンのユニット抗争のバランスが

一気に崩れていきましたね!

ファンや観客の期待はストロングハーツに

もっていかれる事態になるほどです!

さらにDDTプロレスリングにも参戦し、

同じく”ストロングハーツここにあり!”と

言わんばかりの暴れっぷりで、

DDTの選手らを翻弄していきました!

しかしこれは単にOWEでの活動が芳くなく、

渋々国内へ参戦しているのでしょうか?

CIMA選手はDDTの両国国技館大会にて

竹下幸之助選手との試合後にマイクをとり、

心境について語りだしました。

それは2007年にドラゴンゲート年間最大の

大会である神戸ワールド記念ホールで、

獣神サンダーライガー選手とタイトルマッチ

オープン・ザ・ドリームゲート王座を

かけて試合をしました。

獣神サンダーライガー選手とCIMA選手の

キャリアの差は約15年の開きがあります。

CIMA選手がデビューした頃どころか、

CIMA選手がプロレスを見だしたときには

既にチャンピオンだった存在ですね!

そんな対戦相手がよく自分のような相手と、

しかも他所の団体へ出向く形で試合が組まれ、

いったい獣神サンダーライガー選手には

何のメリットがあったのだろう、

と考えたそうです。

しかし表現するならそれは「壁」でした。

獣神サンダーライガー選手が若手の壁になり、

まだ知られていない選手や将来性のある選手、

そしてもう一歩先のステージへ行かなければ

ならない選手の前に立ちはだかることで

引き上げようとしたんですね。

したがってプロレスがもっとたくさんの

人に見てもらえる機会が増えていき、

プロレスのレベルの底上げに繋がります。

獣神サンダーライガー選手がCIMA選手に

やってくれたことを思い出し、

「次は自分が壁になる」と考えたのでしょう。

「壁」として立ちはだかったレッスルワンの

頓所隼選手やDDTの竹下幸之助選手は、

間違いなく団体の次期エースです。

そして彼らがもっと先のステージへ進めば

プロレスの新たなる風景が見えますね!

そう言わんばかりのCIMA選手の高い壁は、

自身のタイトルマッチを「作品」と呼ぶのと

同様に若いレスラーたちも「作品」として

見ているかのようです。

スポンサードリンク

CIMA(シーマ)の結婚や彼女は?嫁と離婚って本当?娘もかわいい?

引用:https://ameblo.jp/bigcima

CIMA選手のキャリアを考えると男として

生き様もかっこいいですよね!

プライベートな部分はどうでしょうか?

CIMA選手は2009年に結婚しています!

気になるは福岡市在住の美人タレントの

益田エレニさんです!

引用:http://quantizekiharu.blog.bbiq.jp

貴賓がありスタイル抜群の美女ですね!

素敵な奥さんに出会えてよかったです!

エレニさんは父がギリシャ人のハーフ

モデル活動やテレビ番組制作に加えて、

2004年のアテネ五輪では日本人選手の

通訳兼コーディネーターを務めるなど

幅広く活躍したそうです。

そしてステラちゃんという名前で、

顔も可愛い子供ですね!

引用:https://www.instagram.com/owecima.jp/?hl=ja

2003年にCIMA選手が福岡ドームでの

始球式に参加した際に当時から番組制作に

携わっていたエレニさんに一目惚れし、

猛アタックしたのが交際のきっかけです!

そして2005年にCIMA選手はエレニさんの

故郷でもあるギリシャのパルテノン神殿で

プロポーズをしたそうです!

しかしその時はエレニさんの意向もあり、

結婚には至りませんでした。

その時期にCIMA選手が古傷の首が悪化し、

長期欠場を強いられます。

そこへエレニさんが付きっ切りのサポートを

してくれたことでやはり結婚を決意し、

2009年に神戸市で結婚式を開催しました!

プロレスラーの怪我そして欠場というのは

選手生命に直に関わる大事なことです。

その生活や身体そして心を支えてくれる

存在というのはかけがえのないものですね。

最近では離婚の噂が浮上していましたが、

そんなお2人が離婚されるわけないです!

CIMA選手も家族を大切に思っているはずで、

かわいい娘さんともども素敵な家庭を

これからも築いていって欲しいです!

CIMA(シーマ)の現在とまとめ

CIMA選手について紹介してきましたが、

昔から現在までをまとめますと、

・新日本プロレスよりも前に女性人気が高かった団体のエース
・ケガによる欠場や、失踪疑惑を跳ね除け、より上のレベルを体験しにWWEへ挑戦
・多彩な技と、巧妙な話術で観客の心を掴み、社長職に就いた現在はアジアを中心に若手の壁となって、後進を育成している。

CIMA選手は日本のプロレス界きっての

マイクパフォーマンス巧者!

大仁田厚選手以降のインディーズ界では

決して欠かすことが出来なかったのが

マイクパフォーマンスです。

読経のように速射砲で発言したかと思えば

ザック・デラロッチャの歌のように、

重要な言葉を何度も何度も繰り返して

テクニカルな話術で会場を支配したり。

そして国内外問わずプロレス界きっての

技の引き出しの多さは閃きの天才です!

どんな言葉もCIMA選手のプロレスの前では

安っぽくなってしまうほど重いです!

これからもCIMA選手に目が離せませんね!